エアコンフィルター シルフィ | 日産 シルフィ エアコンフィルター交換手順

300

日産 シルフィ エアコンフィルター交換手順

日産シルフィのエアコンフィルター交換手順です。

エアコンフィルターは室内のゴミ・ホコリなどをブロックすることで、車内に快適でクリーンな風を作りだしています。エアコンフィルターに詰まりがあると、風量の低下につながりますし、カビなどの菌が繁殖すると悪臭の原因になりますので定期的に交換しましょう。








シルフィ エアコンフィルター交換手順

写真と現車を確認してから作業を開始しましょう。かなり狭い場所での作業のため、やりにくい等ありましたら、グローブボックスを外して作業することをお勧めします。(プラスドライバーが必要になります)

エアコンフィルターのカバーを外す

グローブボックス下から右奥を覗くと白いカバーがあります。これがエアコンフィルターのカバーです。カバーの下側を手前に引っ張り外します。

エアコンフィルターを取り出す

カバーが外れたら中にフィルターが見えると思います。フィルターの下には取り外し用に引っ張れる部分がありますので、やや上側に引っ張りながら引き抜きます。(フィルターを潰しながら引き抜くと取りやすいと思います)

新品のエアコンフィルターを取り付ける

新品のエアコンフィルターを取り付けます。まずフィルターを少し傾けて上側を先に入れます。その後下側を入れ、フィルターを少し潰しながら入れていきます。(エアコンフィルターの真ん中を潰すイメージです)

エアコンフィルターのカバーを取り付ける

フィルターカバーを取り付けます。フィルターが奥まで入り切っていないとカバーが取り付けられないので注意してください。カバーもフィルターと同じように斜めにして上側を入れてから下側をロックします。(10度~15度程度斜めにすると取付やすいと思います。)

まとめ

日産車はエアコンフィルターの交換難易度が高い車種が多く、初めて作業する方はかなりの時間がかかったかもしれません。一度覚えれば次回はスムーズに作業できると思いますので次回も頑張ってください。エアコンフィルターにはホコリやゴミの他に花粉などのアレルギー物質も除去してくれる高性能なものや、消臭効果高いものまで幅広くありますので、ご自身にあったフィルターを探してみてください。お疲れさまでした。

この記事がお役に立ちましたら、シェアをお願いします。

関連記事

コメントを残す

Trackback URL