インプレッサ エアコンフィルター | スバル インプレッサ エアコンフィルター交換手順

700

スバル インプレッサ エアコンフィルター交換手順

LINEで送る
Pocket

スバル インプレッサのエアコンフィルター交換手順です。

スバル インプレッサのエアコンフィルター交換手順
エアコンフィルターは室内のゴミ・ホコリなどをブロックすることで、車内に快適でクリーンな風を作り出しています。エアコンフィルターが詰まると、風量の低下につながりますし、カビなどの菌が繁殖すると悪臭の原因になりますので定期的に交換しましょう。






エアコンフィルター交換方法

では、交換していきましょう。

ダンパーを外す

グローブボックスを開けた向かって左側にダンパーがありますので外します。(開けた時にゆっくり開くようにしている部品です。)

グローブボックスを外す

グローブボックスの奥に開けた時に止めるためのロックがあります。ロックの手前あたりを内側に押すことで枠に当たっているロック部を回避してグローブボックスを外すことができます。(表現が上手くできなくて申し訳ないです)まずは左側
次に右側です。

エアコンフィルターを外す

グローブボックスが外れるとエアコンフィルターが外せるようになります。下の写真の緑の部分がツメになっていますので、両手で左右のツメをつまんで引き出します。
今回交換した車両は3年間エアコンフィルターを交換していませんでした。詰まりが酷かったので比べてみました。
ホコリやタバコのヤニ以外にも、外気導入にして使用している車両は、葉っぱ等も詰まりの原因になります。それにしても酷いですね…。

逆の手順で組み付ける

それでは新品のエアコンフィルターを取り付けて、逆の手順で組み付けます。
グローブボックスの下部にツメがありますので、しっかりと奥まで差し込みます。まず右側から。
次に左側です。
しっかりと差し込んだらグローブボックスを起こしていき、最後は少し力を入れて押し込みます。最後にダンパーを付ければ完成です。

エアコンフィルターに付属してあるステッカーに交換年月日と走行距離を記入してグローブボックス内の見やすい位置に張り付けておくと次回交換の目安になると思います。

まとめ

エアコンフィルターは各メーカーで異なりますが、一般的に1年又は12,000kmでの交換が推奨されています。使用環境によって今回のような詰まりが短期間で発生してしまう恐れもありますので注意してください。エアコンフィルターにはホコリやゴミの他に、花粉やPM2.5などのアレルギー物質も除去してくれる高性能なものや、消臭効果の高いものまで幅広くありますので、ご自身にあったフィルターを探してみてください。お疲れ様でした。






LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら、シェアをお願いします。

関連記事

コメントを残す

Trackback URL