日野デュトロ 電動パーキングブレーキ調整手順

日野デュトロ 電動パーキングブレーキ調整手順

デュトロ車両
最近の新型車両はパーキングブレーキ(サイドブレーキ)が手動式から電動式に変化してきました。モーターによりブレーキに制動力を掛けるため引きしろ(踏みしろ)があまくなり効きが悪くなるのを防止します。デュトロの電動パーキングブレーキはワイヤーに伸びが生じ、限度値を超えるとメーター内に警告灯(橙)を付け運転者に知らせます。車検時にセンターブレーキのすき間調整を行った場合はリセット作業が必要になりますので参考にしてください。

日野デュトロ 電動パーキングブレーキ調整・リセット作業

では説明していきます。

警告灯の点灯を確認する

警告灯が点灯している場合はエンジンを始動しどの警告灯が点灯しているか確認しましょう。誤診を防止できます。
今回作業した車両は〇印のランプ(ブレーキウォーニングランプ)が点灯していました。
デュトロ 電動パーキングブレーキ警告灯

センターブレーキライニングのすき間を調整する

センターブレーキライニングのすき間を調整しましょう。引きずりがないように調整してください。
今回作業した車両のセンターブレーキはこのタイプです。
デュトロ センターブレーキ 積載量や車両重量等のより搭載されているタイプが4種類位あるようです。センターブレーキのすき間の調整方法が違ってきますので注意しましょう。

Sponsored Links

電動パーキングブレーキ初期学習・伸び取り

センターブレーキの調整が完了したら初期学習をします。

OBDⅡコネクタの指定の場所を短絡する

パーキングブレーキレバー(スイッチ)を上げてからIG/OFFにする。この状態でOBDⅡコネクタの4番と12番を短絡させます。故障の原因になりますので短絡箇所を間違えないようにしてください。
デュトロ 電動パーキングブレーキ警告 OBDコネクタ短絡位置

初期学習・伸び取りモードに移行する

OBDⅡコネクタの4番と12番を短絡させた状態で、IG/OFF→ONにし、5秒以内にパーキングブレーキレバー(スイッチ)を下げる→上げるを3回操作する。
デュトロ パーキングレバー2

初期学習を開始する

パーキングブレーキレバー(スイッチ)は上がっている状態から下げるとワイヤーが自動で初期位置まで戻ります。戻し終わったら(モーター音が消える)次はパーキングブレーキレバー(スイッチ)を上げると自動で最大荷重まで引きます。その後自動で適正位置まで戻り初期学習が完了します。初期学習完了後は自動で伸び取りモードに入り、8回アンロック⇔ロックを繰り返しロックの位置で停止して伸び取りが完了します。IG/OFFにして短絡していたジャンプワイヤーを外してください。

最終確認

最後にパーキングブレーキレバー(スイッチ)を上げ下げし、引きずりやパーキングブレーキインジケーターの点灯・消灯を確認しましょう。もちろんブレーキウォーニングランプの消灯も確認してください。異常がなければ完了です。

まとめ

最新技術により機械の電動化が進んできています。自動車整備士の教科書に電動の部品なんてほとんどなかった記憶がありますが、日々勉強して進化していく自動車に適応できるようにしていきたいですね。お疲れ様でした。

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

Sponsored Links