マツダ デミオSKYACTIV-Dオイルメンテナンスリセット方法

マツダ デミオのオイルメンテナンスリセット方法です。

デミオ車両
マツダ・デミオSKYACTIV-DはPMを除去するためDPFの自動再生をしています。自動再生中にエンジンオイル内に燃料が混入してしまうため、エンジンオイルの性能が低下してしまいます。またエンジンオイル量も増加します。レベルゲージのX印までエンジンオイルが入っている場合は直ちにエンジンオイルの交換を行わなければなりません。走行距離や使用時間などでメーター内のレンチ表示灯(スパナマーク)を点灯させて運転手にオイル交換時期を知らせます。エンジンオイル交換後はリセットが必要になりますので必ずリセットしましょう。


Sponsored Links



エンジンオイルメンテナンスリセット手順

ではやってみましょう。

スパナマーク点灯確認・ODOメーター確認

スパナマーク点灯を確認します。
デミオ スパナマーク トリップメーターAもしくはBの場合はトリップメータースイッチでODOメーター表示にしましょう。トリップA・Bの状態だとトリップメーターと平均燃費がリセットされてしまいますので注意が必要です。

エンジンオイルメンテナンスリセット

ODOメーターの状態でエンジンスイッチをOFF(LOOK)にします。トリップメータースイッチを押した状態でエンジンスイッチをON(エンジン停止状態)して5秒以上トリップメータースイッチを押し続けます。メーターにマスター警告灯が高速点滅します。点滅が終わったらリセット終了です。
デミオ マスター警告灯

Sponsored Links

ナビゲーションのメンテナンスを確認する

ナビゲーション画面でのメンテナンスリセットもありますので紹介します。上記のリセット作業でスパナマークが消えないことがあります。お客様自身で設定されている場合がありますので注意しましょう。

ナビゲーションホーム画面から一番左のApplicationsを選択
デミオ ナビ ホーム
車両ステータスを選択
デミオ ナビ 車両ステータス
メンテナンスを選択
デミオ ナビ オイル設定
オイル点検・交換を選択
デミオ ナビ オイル設定
リセットを選択して終了です。
デミオ ナビ オイルリセット

Sponsored Links

まとめ

記事の冒頭にもありますが、DPF車は燃料がエンジンオイル内に混入してしまうため定期的なオイル交換が必要になります。ドライバーに交換時期を知らせるためにスパナマークが点灯します。リセットも車両により異なりますのでメモしながらでも少しずつ覚えていきたいですね。お疲れ様でした。

この記事がお役に立ちましたら シェア をお願いいたします。

Sponsored Links