三菱 キャンター AⅾBIue(アドブルー)ランプ点灯 故障事例

300

三菱 キャンター AⅾBIue(アドブルー)ランプ点灯 故障事例

LINEで送る
Pocket

三菱キャンターFEA50のアドブルーランプ点灯による故障事例について説明していきます。
アドブルー(AdBlue®)とは、ディーゼル車の一部に採用されている尿素水SCRシステムに使用されている高品位尿素水です。排気ガス中のNOX(窒素酸化物)に尿素水を噴霧することで有害物質のNOXを窒素と酸素に分解し、無害でクリーンな排気ガスになるという仕組みです。



アドブルー・チェックランプ点灯

お客様からの御依頼で、アドブルーのランプが点灯したとのこと。すぐに現車を確認してみると赤いランプと黄色いランプが点灯してます。

スキャンツールでダイアグコードを確認

スキャンツールを使ってエンジンシステムのダイアグコードを確認してみると、下のようなコードが確認できました。スキャンツールはG-scan2を使用しています。
現在故障と過去故障の区別がつかないのと、ダイアグコードによりDPFの自動再生が停止していますので、ダイアグコードを消去してDPFの強制再生をしたいみたいので1度消去します。すると・・・

ダイアグコードが消えない

システム情報6というコードが消えません。チェックランプもエンジンは消えましたがアドブルーは消えません。

アドブルーのダイアグコードを消す

スキャンツールの作業サポートにはECUが記憶しているアドブルー関連のダイアグを消去する項目があります。これを使ってエンジンシステムのダイアグ消去では消せないアドブルーのダイアグを消去します。



すると、メーター内のアドブルーランプが消えました。

アドブルー・インジェクター

整備書でシステム情報6(520558 31)というダイアグコードを調べると、アドブルーの濃度点検(純正の溶剤を使用しているか)など、チェック項目がたくさん出てきますが、ディーラーではアドブルーのインジェクターを清掃し、様子をみることが多いようです。アドブルー・インジェクターはDPFに噴霧されるため、マフラーのセンターパイプに取付られています。バンドを外すと簡単に外れます。

白くなっている部分がアドブルーの溶剤が固まったものです。しっかり清掃して組みなおします。

仕上げは強制燃焼

インジェクターの清掃後はスキャンツールを使ってDPFの強制燃焼をして完成です。

まとめ

アドブルーに関しては、まだまだ知らないことも多いです。車種・メーカーによって違いがあるので少しずつ掲載していきたいと思います。差圧センサー故障や差圧パイプの詰まり、NOXセンサーの故障等、様々な故障がありますので、故障診断は正確にできるようにしていきたいですね。

LINEで送る
Pocket

この記事がお役に立ちましたら、シェアをお願いします。

関連記事

コメントを残す

Trackback URL