スマートキー 電池切れ | スマートキーの電池がない時のエンジン始動方法です。

300

スマートキー電池なしでのエンジン始動方法

スマートキーの電池がなくなってしまった時のエンジン始動方法です。

スマートキー電池なし
スマートキーの電池がなくなり、ドアは棒鍵を使って開けたものの、いざエンジンを始動しようとした時どうしたらいいのかわからないという問い合わせがよくあります。簡単ですので事前に覚えておいて損はありませんよ。








スマートキー電池がない時のエンジン始動方法

それではやってみましょう。画像はトヨタのスマートキーですが、国産車は大半がこのやり方で大丈夫です。

キーケースをプッシュスタートボタンに近づける

電池がなくても大丈夫です。まずはお手持ちのスマートキーをいつもエンジン始動時に押すプッシュスタートボタンに近づけましょう。最近の新型車はメーターに下のような指示が出たりします。

こんな感じに近づけます。隙間を開けずくっつけてしまって大丈夫です。

緑色のランプが点灯

キーを近づけるとプッシュスタートボタンが緑色に点灯します。

エンジンを始動する

緑色のランプが点灯した状態で、ブレーキを踏みながらプッシュスタートボタンを押すとエンジンが始動します。ハイブリッド車の場合はReadyランプが点灯します。

まとめ

昔の車のようにキーを差し込んで回す車両は減りました。便利になった分知らないことも増えてしまっていますので、取扱い説明書は一読しておくと良いかもしれませんね。

この記事がお役に立ちましたら、シェアをお願いします。

関連記事

コメントを残す

Trackback URL